« ギター修理 リペア | Main | 有山岸website »

April 07, 2010

ギター修理 リペア 弦高  絃高

ギター修理ではないのですが、相談や持込で多いのが絃高(弦高)についての事です。


先日も、マーチンのギターでしたが弾きにくいので何とかならないかと言う相談。


エレキギターであれば、6角レンチがあれば自分で調整できるので問題はないのですが、アコースティックギターは道具も工具もない状態では自分で絃高を調整するのは難しいです。


フィンガースタイルのギターを弾くには、絃高が低ければ低いほど弾きやすい訳で。


低くすると今度はビビる。  なので、ネック、フレット調整が必要になります。場合によってはナット調整。


先日のマーチンは、ナット、ネック、フレット調整をして、12F上で1絃で絃高を1.6ミリ、6絃で絃高を2.2ミリに調整しました。


ちゃんと調整された楽器は今まで弾けなかったフレーズまで弾けるようになりますよね。

ギター修理、調整はお問い合わせ下さい。

|

« ギター修理 リペア | Main | 有山岸website »