« 板割れ | Main | Truth TE-001 ハカランダ »

February 27, 2008

8年目

おかげさまで8年目を迎えました。ありがとうございます。
Truthブランドのアコースティックギター、ウクレレ、エレキベースを作って400本を超えました。もう400本も作ったのかと言う思いとあと何本作れるのだろうと言う思いがあります。どう考えても2000本は作れないですね。
forMを立上げて最初の2年間はOEMの生産を20本位しましたが現在はforM所有のTruthブランドしか作る気がしないです。余程なにか魅力的な事があれば別ですが。
どんな分野であれ物作りは失敗の繰り返しです。どれだけ失敗したかの量があって、失敗しない製品を作る事ができます。幸い、工場で21年ギター生産に携わることが出来たので失敗を見てきた数量は誰にも負けないと思っています。量産品と個人製作品の違いは何かと言うと、量産品はどこの小売店へ販売しても問題の起きない製品を作る事、個人製作品は全ての小売店では売る事は出来ないけれども音を優先して作る事だと思っています。音を優先するとどうしても華奢なギターになってしまいます。保管に気を遣いますし壊れやすいギターです。未だに冬になると乾燥割れを起こす小売店もありますがそのような小売店では販売する事ができません。しかしこの10年で問題のある小売店も減ってきました。それ以前は店員さんに割れるギターが悪いと言われてました。「他のメーカーは割れないのにオタクのだけ割れる」と、各メーカーに言っていたんだと思います。
他に量産品との違いは、個人の設定に合わせて作る事ができる点でしょうか。形、大きさ、色、絃高等です。Truthはメンテナンスも基本的には無料です、送料だけは頂いていますが。
5月に東京でハンドクラフトギターフェスティバルに出品致します。ギターを1本作って持っていきます。是非、手にとって弾いてみてください。ウクレレも良いものが考えられれば作ろうかと思っていますが、まだ思い浮かばないでいます。
Truthギター・ウクレレも日々改良しています。永く使って頂けるよう目に見えない部分ですが改良しています。
これからも宜しくお願いいたします。

|

« 板割れ | Main | Truth TE-001 ハカランダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 板割れ | Main | Truth TE-001 ハカランダ »