« Truth TNC-208f コンサートウクレレ フロントカット | Main | お知らせ »

July 14, 2006

Truth TNT208f テナーウクレレ フロントカット

Truth テナーウクレレのフロントカットです。
コンサートに続いてテナーも作りました。完成したのは先週なんですが、このブログのメンテナンスが
数日間あって更新できない間に売れてしまいましたので、次回作るまで現物を見る事はできなくなって
しまいました。
2Aのコアを使用しているのですが、今回のは2Aの中でもトラ杢の多目のコアですね。
たまにはそういうコアも出てきます。
ボディー 2Aコア
指板 エボニー
フレット 巾2ミリ
ブリッジ エボニー
糸巻 特注オープンヘッド用
Tnt208f_001
Tnt208f_002
Tnt208f_004
Tnt208f_003


|

« Truth TNC-208f コンサートウクレレ フロントカット | Main | お知らせ »

Comments

おそらくハートマンの店頭に並んだ日に私が購入したものです。トラ目もきれいで凄く気に入っております。

ただ、弦がフレットから落ちやすく修理を依頼しようとしたのですが、早いほうがいいから、自分でナットのピッチを切りなおしました。

又バックに塗装クラックがはいりましたので、拡大を恐れて、シールを貼ってしまいました。やめたほうがよかったでしょうか?

音はすごく鳴るなるようになってきました。

Posted by: befox | May 18, 2007 11:37 AM

お買い上げ有難うございました。
現在は、ナットの絃ピッチを0.5ミリ狭くしました。
塗装クラックは、ニトロセルロースラッカーを使用している為に温度変化等の原因でどうしても発生してしまいます。
シールを貼ったと言う事ですが、問題はないですがラッカー塗装の為、貼った跡が残ってしまいます。まぁ、剥がさなければ問題ない事ですが。
使用環境に依って発生時期は代わりますが、塗装クラックはどうしても出てしまいます。ラッカー塗装の証として気にしなくてもいいのではないかと思っています。
また何かありましたら、ご連絡下さい。

Posted by: フォーエム 福原 | May 18, 2007 07:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Truth TNC-208f コンサートウクレレ フロントカット | Main | お知らせ »